ほとんどの人々は、車が止まるまでバッテリーの変更について考えません。切れたバッテリーで運転を続けていると、他の事故を巻き込む原因になります。バッテリーの寿命はおよそ3〜5 年ぐらいとされていますが、気候の変化、使いすぎ(電気の消し忘れ)など、バッテリーの寿命は変わってきます。バッテリー使用年が、4,5 年以上であればほとんどの場合、取り替える必要があります。

あなたの車のバッテリーを長く維持するためには、全てが正しく作用していること、そして、バッテリーを頻繁に点検することは非常に重要なポイントの一つになります。ほとんどのバッテリーに点検日が記されているシールがあり、その部分を確認しておきましょう。 

バッテリー液の点検は必要です。バッテリーの上に表示シールがあり、スモール・キャピタルがありねじをはずします。液量を点検し、残量が十分入っていなければ、市販されているバッテリー液を入れましょう。
※減りすぎに注意してください。少なすぎると、バッテリーターミナルの腐食の原因になります。

一般的にバッテリーが弱い症状として、エンジンのかかりが弱くなったり、ヘッドランプが暗くなったりします。その時は、再充電もしくは、交換が必要となります。

車は、燃料及び電気の2 つの大きな部品で動きます。ほとんどの人は、自動車について 、日々、ガスがなくなればガスを加えるだけで”電子機械”、”燃焼機関”として考えてきました。しかし、自動車は機械類の複雑な多くの必要な電子部品を含んでいます。これらの部品の第一次電源は電池であり、多数の理由によって壊れます。また、 特定タイプ車の間違った電池設定は、電池ターミナル・電池ケーブルの腐食、焼け跡や時として、火や爆発を引き起こす原因となります。