一般に多くの運転者は、タイヤを気遣うことを忘れがちです。タイヤの問題が生じる最も大きな原因は、空気が抜けているタイヤでハイウェーを走り続けたり、車のバランスが悪いまま走行することです。タイヤの問題は、必ずしも走行中だけではないので、車体の適切な状態を保つ必要があります。悪い状態のタイヤを履いていることは、事故の原因となりいろんな危険性を招くことになります。ここに、タイヤのケアーティップを紹介します。

タイヤの空気を十分に入れておくことです。トランクに、タイヤ空気圧計があるか、元所有者にどんなレベル圧力を必要とするかを確認しておきましょう。そしてタイヤのゲージをチェックした上で、タイヤ空気圧を規則的に点検しましょう。もし、タイヤ空気圧が、通常より低ければ不必要な圧力はタイヤの外側にかかり、またタイヤが膨張し過ぎれば、圧力は踏面の中心に置かれることになります。どちらにしても、タイヤの損傷は激しくなります。
タイヤは、6,000 から8,000 マイルで循環させてください。これは、タイヤの均等を保つようにするためです。タイヤの循環交換は、3ヶ月づつをめどに始め後部を交換しその後、前部のタイヤの交換が必要となります。
運転中のタイヤバランス、懸濁液などを調整してください。タイヤが不安定または配置ずれなどがある場合、長持ちしないでしょう。重い荷物つめ込むことは、タイヤにかなりのプレッシャーがかかり、摩擦が起こり磨り減る方が早くなるので避けた方がいいでしょう。
でこぼこ道での運転はしないように心がけましょう。高速度運転、路面のくぼみ、荒い道、必要以上のオーバーカーブ運転を避けることにより、タイヤの消耗を抑えることが出来ます。

タイヤ圧力点検
よい運転習慣および常識は、タイヤを長持ちし効率がよくなります。急停止は、開始前後の部品の悪影響、悪い衝撃、悪い空気圧、悪い直線絶食し、回転鋭いコーナー(角を付けること) は、タイヤに悪影響を起こし寿命が短くなります。タイヤ空気圧の不正確、車に重量をかけ過ぎることは、踏面の摩耗を高めることになります。

視覚でのタイヤ点検は頻繁に行ってください。泡(空気のもれ)やひび、深い切口、タイヤがフラットであるかを確認してください。タイヤの表面が摩耗で平らでない踏面部分を捜してください。また、タイヤ表面摩擦バランスをとるために4つのタイヤを入れ替える必要があります。

適切なタイヤの膨張だけが、十分なポイントとして置かれません。簡単に自分自身でゲージを使い、タイヤ空気圧を点検できます。タイヤは普通、日常使用中に徐々に空気が抜けていき、周期的に空気を加える必要があります。タイヤ空気圧は温度の変化によって増進するので常にタイヤ空気圧の点検は必要です。
車のほとんどの平均圧力は、空気圧の28〜35 ポンドです。
普通のタイヤは、少なくとも7,500 マイルごと4つのタイヤを入れ替えることをお勧めします。