ワイパーは、天候によって異なりますが6〜12 ヶ月後に悪化してくるのでチェックが必要です。ほとんどは、ゴム製スクイージだけを取り替えますが、根元のばねが錆びたり腐食がひどい場合は、全体的に取替えが必要となってきます。ワイパーの破損は、ガラスに筋がいったり、汚れが広がったりします。
ワイパーをいい状態に長く保つためには、雨が降らないときでも、ワイパーを時々使ってあげることでワイパーのゴムの乾燥を防ぎ破損を少なくします。
ワックスをしていてゴムの部分にワックスが付いた場合、乾燥しやすく損傷が早くなってしまいます。