女性の独立が目立つ中、今はもう、車のメンテナンスは男性だけの仕事ではなくなってきています。古い・新しい、また保証があるないに限らず、いくつかのシンプルなポイントを知っているだけで問題をセーブすることが可能です。
まず、あなたの車を知るべきです。マニュアルハンドブックは、基本原則すべてを含んでいます。車のガスタンクサ イズ、エンジンのタイプ、タイヤサイズ、タイヤの膨張サイズ、ヒューズの取り替えの詳細および図表、計器板の図表、および通常のメンテナンススケジュールの内容を把握しておくとよいでしょう。
最初考慮することは燃料(ガソリン)です。ほとんどの新しい車は無鉛ガソリンを使い、レギュラー、スーパーもしくはプレミアムといった様々なレベルがあります。それらの違いは、加えられるオクタンの量です。レギュラーは87、そしてスーパー(中間等級)は89、プレミアムは92 もしくは93 オクタンになります。これらの重要度評価は、早期点火に起因できるエンジンノックに抵抗するガソリンの能力を測定します。ハイオクタン・ガソリンは、レギュラー・スーパーガソリンよりもエンジンの性能をより効果的にすることが一般的に言われています。
エアーフィルターは、若干の変色や黒ずみは問題ありませんが、黒ずみがひどく3/4 以上になれば変更するとよいでしょう。 2週間ごとにあなた自身でオイルの点検をしてください。                       >>オイル
タイヤは安定度です。各タイヤにpsi (1 平方インチ/ポンド)という印が付いており、これはタイヤ回転の最適な度合い必要な空気を計るものです。その印は、タイヤのサイズとブランド名の間に外側に見つけることができます。
また、空気圧を維持するためにあなた自身、タイヤのゲージを確認し例えばそのタイヤは35 のpsi以上必要とした場合タイヤに必要な空気をポンプでいれることができます。                  >>タイヤ/タイヤ圧力